このエントリーをはてなブックマークに追加
2006年創業メンバー

近藤 広行

LRP事業/関東本部 次長
創業メンバー
LRP事業/関東本部 次長/近藤 広行

入社の決め手はなんですか?また、実際に入社してみて感じたことを教えてください。

前職で一緒に働いていた上司の下で営業力を伸ばしたいと思い、自分も創業メンバーとしてついていく決意をしました。
そこで、新しく出会った仲間たちから刺激をもらうことができ、また他の商材を扱うチャンスをいただけたことも営業力の向上に繋がっています。

この仕事のやりがいを教えてください。

まずは、情報が行き届いていないお客様に対して情報提供ができるという点。コンピュータやインターネットが発達・普及している、現在の高度情報化社会においては、得られる情報の量や質の差が、社会的、経済的な格差が生まれやすいとされています。逆に、情報量が多くても、そのせいで自分にとって必要な情報なのかどうかを見極めるのが難しくなっている時代でもあります。私たちがお伺いし、そのご家庭の状況を把握した上でお客様の生活にマッチした提案ができるという点はとてもやりがいを感じています。

また、私たちがコスト削減の提案をしていくことは、業界全体がより良いサービスをお客様へ提供しようと考えるので、業界の活性化にも繋がるんです。
私たちがサービスを広げていくことが、取引先の知名度や顧客数UPに繋がったり、自社の営業力を提供できることで信頼関係の構築にもなります。

お客様のお役にたてること、幅広いコミュニケーション力や営業力が身に付けられることだけでなく、業界や取引先へも影響を与えることができる仕事なので多くのやりがいが詰まっている仕事です。

この仕事の大変なところを教えてください。

この仕事に限らずですが、「モチベーション」で仕事をすると、気分の波がかなり出てしまうということです。毎日仕事をする中で、「お客様に感謝の言葉をいただける日」「上司に能力を認められる日」もあれば、その逆もあるでしょう。いくらモチベーションが高い人でも、後者の場合にやる気がなくなる現象に陥ることもあります。

「やりたい仕事」「楽しい仕事」「やりがいのある仕事」も、常に楽しい時間ではないし、常にやりがいを感じれるわけではないんですよね。モチベーションは常に変動するものだからこそ、そこに焦点を当ててしまうと自分の仕事に波が出てしまうし、自分でつまらない仕事にさせていってしまうんです。モチベーションと仕事を切り離すことができて、ようやく安定した仕事ができる人物になるのだと思います。

この仕事は、毎日お客様と接して結果も出やすいので一喜一憂しやすい仕事だと思いますが、だからこそ、安定した仕事ができる人物に成長もしやすいと思っています。

現在の目標を教えてください

まずは事業部統括になって、様々な支店を取りまとめられる人物になっていきたいと思っています。そして、自分の会社を持つことが目標です。

就活生へメッセージ

難しいかもしれませんが、「やりたいこと」「やりがい」「楽しさ」など、自分のモチベーションを求めて仕事探ししないことが、社会人として成功するカギになると思います。難しいことだと思いますが、掘り下げて考えてもらえたら嬉しいです。

社会人になって必要になるのは、自分が現在手掛けていることを「好き」になる能力。そして誰かに依存をするのではなく、自分自身で考え行動していく自走力が大切になっていきます。それは、学生のうちからでも身に付けられるので今から磨いておくことが社会人として成功する一歩になると思いますよ。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE