このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年入社新卒入社

三浦 昌子

LRP事業/東海支部 課長代理
武庫川女子大学卒業
LRP事業/東海支部 課長代理/三浦 昌子

もっと自信が持てる自分になりたくて選んだ環境

小学生から続けてきたバレーボールでは「自ら考え行動することの大切さ」を、大学時代のアルバイトでは「当事者意識をもって取り組むことの大切さ」を学びました。
教えてもらったことだけでなく、自分の意見を提案し、行動に移す。そのような取り組みをしていくことで失敗することもありましたが、それ以上に“気付き”が多く、全てのことが自信に繋がっていきました。積極的に動けるタイプではありませんでしたが、顧問の先生やチームの考え、仲間たちに感化されたのだと思います。だから、社会に出てからも一緒に働く仲間、風土にはこだわりたいと思いました。

今より自信が持てるようになるために、そして力を身に付けていくために、様々な意見を取り入れながらチームで動いていける職場、自分たちの手でより良い環境を生み出していける職場、そうした職場環境を利用していきたいと考え、この会社に入社しました。

ここで気付いたのは“捉え方”の大切さ

部活でも「もっとスパイクを決められるようになりたい」と思ったら、苦手で嫌いな筋トレや走り込みなど体力づくりが必要でした。仕事でも「お客様にもっと喜んでもらえる自分になりたい」と思ったら、足りていない部分や課題に目を向ける必要があります。

それを“大変なこと”“しんどいこと”“仕事だからやらなきゃいけないこと”と捉えるのではなく、“理想の自分に近づくため”と思うから、自分の課題にも前向きに取り組めるんです。

学生の頃から私に影響を与えてくれた人たちは『捉え方』が前向きな人たちだったんだということに気が付きました。

後輩たちに伝えたい

一日の大半が仕事の時間になるわけで、その時間を楽しめた方が得。
今まで上司や先輩たちから学んできたことを、私はこれから自分の姿勢で部下や後輩たちに伝えていきたいと思っています。

そして、後輩たちが今の自分よりも更に自信を持てる自分になって輝いてくれたら嬉しいです。

この仕事の大変なところを教えてください。

人から指示をされて行動するだけでは成果は出ないということ。それは社会に出たら当然なことでもあり、大変なことです。だからこそ、自分自身で発想を磨く心がけが必要になると思います!

私は入社してから自分次第で行動も、目の前の人も変わるという考え方になりました。『大変』と思うことすらも、自分次第で自分の力に変えていけると思います!

就活生へメッセージ

ご自身の展望にあった職を見つけて下さい!!スキルアップなら営業職はオススメします!
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

個人営業に関連する求人票を見る